So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

"Broken"の制作裏話 - デヴィッド・アーチュレッタのビデオブログ [David's Video Blog]

 
A back story on the song Broken - David Archuleta (2013/5/27)

credit to David Archuleta

やあ、みんな、デヴィッドだよ。
ぼくは、いま、ここにいるけど、みんながこれを見るころには、もういないってわけ。あははっ・・。 でも、ちょっとオリジナル曲のことについて、みんなに話しをしたかったんだ。 ぼくは、自分自身の声とサウンドで、自分にとって現実味のある音楽をつくりたいと、思ってたんだ。
   
(レコーディング風景)
   
その曲はじつは、いまここにいる、ぼくの良い友だちであるジョン・ハント氏と一緒につくったんだ。ジョンとは、中学・高校が一緒だった。ジョンはすばらしい作詞作曲家で、ぼくらふたりで作ったオリジナル曲について、すこし話をしようと思って。
   
この曲は、Brokenっていうんだ。ぼくにはちょっとした曲のアイデアがあって、それをジョンに見せたら、ぼくが関わっているいくつかのチャリティ・・チャイルド・ファンドとか、ライジングスター・アウトリーチとか、インヴィジブル・チルドレンとか、そういうのを思い出したって言うんだ。あの子どもたちのおかれている状況や、心に痛みを抱えながら歩んできた道のりとか、そういうのを思い起こしたって。あの子たちは、つらい体験をたくさんしてきているからね。
   
ストップ・コニー・キャンペーンが始まって、インヴィジブル・チルドレンが爆発的に広まった。それで、アフリカで苦しんでいる子どもたちに関心が集まったんだ。インヴィジブル・チルドレンが驚くほどに人々の関心を呼び寄せた。長い間、気づいてもらえなかったかもしれない子どもたち。それがついに、なにか起きているのか、その子たちの境遇に目をとめてもらえて、気づいてもらえて、注意を向けてもらえるようになった。みんなが気づいて、その子どもたちに気持ちを寄せている。このBrokenは、そういう曲なんだ。
   
(レコーディング風景)
   

というわけで、ようやく"Broken"制作の舞話ビデオが公開されました。

まず最初の部分ですが・・・、「みんながこれ見るころは、ボクいないもんね~」って笑うのか、おいっ。

さてさて、この曲が"インヴィジブル・チルドレン"についての歌だというのはわかっていましたので、もっと歌詞などを掘り下げた話を聞きたかったのですが、なかなか、そこまで深い話は聞けませんね。
ジョンくんにも期待していたんですが、色っぽいカメラ目線だけでした。(え。)

でも、ピアノを弾き語りしながらのレコーディング風景には、へえ本当にピアノも弾きながら同時に録音したんだ、デヴィッドすごい~(笑)と、ちょっと見直したのでした!
デヴィッド、その勢いで今度はギターもよろしくね。


このビデオブログが録画されたのは、昨年2012年の3月頃のことですが、デヴィッドが言っている「ストップ・コニー・キャンペーン」とは、インヴィジブル・チルドレンによって2012年3月から展開された、ジョセフ・コニー捕獲運動のことです。

下記の動画がYouTubeやViemo等の動画サイト公開されるとあっというまに世界中に広まり、再生回数も数百万回に上りました。 しかし、そのキャンペーン手法については賛否両論あり、さまざまな物議も同時に醸し出したものでした。


そもそもインヴィジブル・チルドレンは、その団体の活動の目的のひとつに、そのジョセフ・コニー(ウガンダの反政府勢力(LRA)の指導者)を逮捕し、子どもたちに対する残虐行為をやめさせることがあります。
ご存じのようにデヴィッドは、数年前から様々な形で関わっていて、2011年におこなわれた資金集めのキャンペーンではパフォーマンスもしています。そのようすは当時のAll About Archuletaでも記事にしていますので、ご参考に!
 
 
コメント(0) 

お母さんありがとう!- デヴィッド・アーチュレッタの母の日メッセージ [David's Video Blog]

 
Happy Mother's Day (2013/5/11)

credit to David Archuleta

やあみんな、デヴィッドだよ。世の中のお母さんたち、そしてお母さんのような存在のひとたち、みんなに、母の日おめでとうって言いたかったんだ。
それから、ぼくのお母さんのこともちょっと紹介したかった。すこし前に撮った、ぼくとお母さんの写真だ。お母さん、いままでぼくを育ててくれて、ありがとう。いろんな決断の場面で、すごく助けになってくれたね。お母さんはぼくのいいお手本だったし、ぼくが物事に納得できるよう、いつも手助けしてくれた。お母さんの愛情や、思いやりに、感謝してます。ぼくが戻るときまで、またね。


本日、5月12日は母の日です。
というわけで、ミッションに発つ前に録画した母の日ビデオを、マネジャーのカリさんがアップしてくれました。

短いビデオですが、デヴィッドってつくづく心根の優しい青年ですね~。 こんなふうにルペ・ママに話しかけるのを見て、このくっつきすぎる母と息子にはやましい嫉妬しか感じない私でしたが(笑)、さすがにちょっとじーんときましたよ。

ルペお母さん、デヴィッドを産んでくださってありがとうございました。
(あ、お父さんも、デヴィッドを造ってくださって・・・)


----------



さて、ビデオと言えばもうひとつ、昨年8月に出たアルバム「BEGIN.」に収録されていた曲"Broken"の制作裏話のビデオが、もうすぐ出るらしいんです。

これは、"Broken"の作詞をしたジョン・ハント氏(君?)が、1か月ほど前にツイッターで、「デヴィッドと自分が曲の説明をしているビデオがもうすぐ出る」と言っていたのですが、なかなか出てこないので(笑)、きのう私が彼あてにつぶやいてみたところ、「いまビデオは編集中で、もうすぐ公開されるはず」とのお返事でした。


20130511.jpg


「もうすぐ」と言われてちっとももうすぐじゃなかったことも多々ありましたが、まあ、デヴィッドの書く単純明快な歌詞と違って、"Broken"はわりと詩的なので、歌詞の解釈や制作裏話を聞くのを楽しみにしています。
 
 
コメント(0) 

chappyさんのデヴィッド・アーチュレッタ肖像画 [そのほか]


磁器に絵付けをされるchappyさんにお願いして、デヴィッドの絵を陶板に描いてもらうことになりました。
どのようにしたいかリクエストしてください、と言うので、私は次のようにお願いしました。

<--- この写真でDavid.jpg
色はセピアで大人っぽく
土台はふち飾りなどないシンプルなもの
できれば丸より四角が好み




私から伝えたのは、それだけです。

そうしたら、、、 こんな素敵な作品に仕上げてきてくださいました~っ


20130424.jpg


わああ~~~♪

chappyさんによると、この作品の作業日数は1週間程度で、窯で5回焼いて出来上がったそうです。
サイズは12cm×17cmくらいです。

それにしても、そっくりですよ・・? デヴィッドがハンサムでかわいい!

20130424-cut.jpg


アップにすると、そっくり度倍増。 この瞳、いったいどうやって描くのでしょうか?!

20130424-cut2.jpg


デヴィッドのマネージャーのKariさんにもツイートしたら、ちゃんと見てもらえました。

karitweet.jpg

嬉しいですよね、もしかしたら、まわりまわってデヴィッドにも見てもらえるかもしれませんよ、chappyさん!どうします!?


ご存じかもしれませんが、chappyさんは数か月前にも、kaychanのためにデヴィッドの絵皿を制作しています。そのときのkaychanのツイートはこちら

さらに、数年前に制作したらしい別のデヴィッドの絵を、「失敗作」だとことわってこっそり(?)公表したことがありました。そのときのchappyさんのツイートはこちら。 この伏し目がちなデヴィッドもかわいくて失敗作にはとうてい見えませんが、あはは・・、「最初で最後」ではなかったですね(笑)

3作品ともそれぞれ違った趣です。タッチを変えて描き分けができるのでしょうか?

Fans Of Davidでも大きく取り上げていただいていました。海外のファンのみなさんも感動していましたね。

chappyさん、描いてくださいましてありがとうございました。大切にします~ (^O^)

コメント(2) 

公式ミュージックビデオ"Don't Run Away" - デヴィッド・アーチュレッタ [アルバム]

 
いや~、
デヴィッド・アーチュレッタの Don't Run Away ミュージック・ビデオには本当に驚きました。ミュージックビデオが用意されていたことももちろん驚きですが、なんといってもその中身・・

David Archuleta - Don't Run Away
credit to davidarchuletaVEVO

カイリーさんという、ユタ在住の素人の女性が作成した、すべて手書きのイラストによるアニメ動画です。

こういう手があったのか、といいますか、 こうまでするか(こうまでしなくてはならないのか)、といいますか。なんとも言えない気分です~。

ビデオのことだけで言えば、このビデオのこういう路線はけっして嫌いじゃないです。それに、上手だと思いますよね。 素人さんにしては。 ・・そう、この動画はすてきだとは思うんだけどごめんなさい、公式ミュージックビデオとするにはどうしても、「上手な素人さんがつくった動画」というお題つき以上には、なかなか・・。

でも、これでべつにデヴィッドから心が離れたわけではありませんからご安心ください。なんたってあのRainbowのMVも乗り越えてきた私たちです。 それよりも、よっぽど飾らなすぎるデヴィッドの人柄をますます思い知らされて、いっそういとおしくなりました。もう、どんなことになっても、この人のこと見捨てられないです(笑)

あと1年辛抱して帰ってきたら、ミュージック・ビデオに適正なお金を投入できる程度に稼いでもらわなければ!私もがんばって応援しつづけます!


以下に、この動画を作ったカイリーさんのメイキング動画を、ざっとですが訳してみました。

デヴィッド・アーチュレッタのDon't Run Awayメイキング
credit to David Archuleta
みなさん、こんにちは!私の名前はカイリー・マルクス、私がDon’t Run Awayのアニメ動画を作りました。22歳で、ユタ州マレーに住んでます。そうそう、今日はすてきな春の雪が降ったのよ。見えるでしょ。
あの動画の制作やいきさつについてちょっと話そうと思って。まずは、カリに制作を頼まれたの。きっかけは、数年前に私がデヴィッドのElevatorのアニメ動画を作ったことなの。あの制作はすごく楽しかったし、実験的な意味もあった。それで、どうわけかデヴィッドまでつながって、それが始まりだったのね。
あれは、ニューアルバムの発表の直後だったと思う。カリがツイッターを通じて、新しい動画を作るのはどう?って聞いてきたの。もちろんやる!って答えたわ。
それこそ、起きてる時間は1秒も惜しまず描いたわ。最初のほうでは妹(姉)が手伝ってくれた。じつのところ、すごく助けになってくれた。みんなに紹介したかったけど、今いないのよ。どんなコンセプトの動画にするかとか、曲を何回も聴いて、頭に浮かんだイメージを出しあって意見を言いあった。この曲が私たちにとってどういう意味を持つのか?、とかね。人が歩いたり、走ったり、座ったり、歌ったりする動きの参考のために、いい写真とか動画を探しまくったわ。こういう動きが欲しいっていうのがあって、それを見つけて、まずおおまかな身体の輪郭をつけたの。それから、髪の毛とか洋服とか、細かい部分を描き加えていったのよ。そんな感じ。手順はいたってシンプルなの。それの繰り返しよ。
とても楽しかったわ。たくさん描いたのよ。じつはいま、ここにあるんだけど、数えてみたら、500枚くらいかしら。
動画の見本をカリに送って、カリがデヴィッドに転送したの。間違いなく、動画にはデヴィッドのアイデアも入ってる。洋服を変えるようにって依頼があったわ。それにカリからの変更も取り入れた。それで最終的に、こうなったわけ。 出来あがったものには満足してる。もっと時間があれば、より良いものができたんだろうけど、でもどこかで妥協しないとね。
話すことはこのくらいかな。なにか質問があれば、この動画へコメントくれてもいいし、ツイッターでもいいから送ってね。@KylieMalchusよ。カリとデヴィッドとそのほかのみんなに感謝してる。こんな機会をくれて、私を信用してくれて、最高の環境で自由にやらせてくれた。ありがとう。みんなが気に入ってくれますように!

現物のデヴィッドをモデルとして使えなかったわけですから、顔のアップでは、Wait、Forevermore、Something 'Bout Loveなどからとったのがわかりますね。

彼女のツイッターによると、デヴィッドが要請した服装の変更は、見本では「白シャツにベスト」姿だったのを「Tシャツ」に変えることだったそうです。
また、動画の制作期間は1か月半ほどだったそうで、短くて驚きました。もっと時間をあげていたら、もっと描き込んだいいものができていたでしょう。そこまで極めたものを見たかったです。
あと、彼女はデヴィッドの個人的な知り合いではなく、コンサートで数回会ったことがある程度の1ファンのようです。

ニューアルバムの発表後に彼女に制作の依頼が来たことから、デヴィッド側も急に思い立ったのでしょうね。 そのことから、デヴィッドのチームがファンのために常に頭を絞っていろいろと考えてくれていることがよくわかりました。それは本当に嬉しいことです。

カイリーさんが数年前に作ったというElevatorのアニメ動画は、もうみなさんよくご存じでしょうが、下に貼っておきます。このときは、この1分程度の動画を作るのに2か月かかったと書いてありました。

David Archuleta - Elevator (Animated)
credit to Kylie Malchus



ところで、No Matter How Far のアルバムですが、WOWHDからまだうちには届いておりません~。もちろんiTunesではすでに購入済みですが、やっぱり現物を手にしたいですよね。

はやく来てください!

NMHF David smile.jpg


 
コメント(0) 

"Don't Run Away" - デヴィッド・アーチュレッタのアルバム"No Matter How Far"からのファーストシングル [アルバム]


デヴィッドのニューアルバム"No Matter How Far"からの先行ファーストシングル”Don't Run Away”、聴いてますかああ?

デヴィッドのオフィシャル・サイト
OScap20130209.jpg
ニューシングル"Don't Run Away"
  
デヴィッドの3/26発売ニュー・アルバム”No Matter How Far”からのニュー・シングル、”Don’t Run Away”を要チェック!
“No Matter How Far”は、新たにレコーディングされた曲と、過去のアメリカ盤未発表曲との混合アルバムとなる。アルバムからのファースト・シングル“Don’t Run Away”は、デヴィッドの共作、そしてイギリス人音楽プロデューサーのデヴィッ ド・スネッドンとェイムズ・バウアーミン(ザ・ネクサス)のプロデュースにより制作された。

デヴィッドのオフィシャルSoundCloud
David Archuleta "Don't Run Away"


eOne Musicのオフィシャル・チャンネル
David Archuleta "Don't Run Away"
credit to KOCHRECORDS

なにかがうまく行かなくて 手に負えなくなったとき
心の安らぎを見つけてごらん いやなことは忘れて
このままいけば きみは
押しつぶされてしまうって わかってるよね
でも 気にかけてくれるひとがいる

きみが傷ついてるのがわかる
振り向いてごらん
ぼくがすぐ行くよ
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

ぼくが手を差し伸べたら
見まわしてごらん
そばにいてあげる
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで
今夜...この夜に..

なにも言わないで ぼくがきみの声になる
もう、恐れなくていい
暗闇をあかりで照らして
ここまで導いてあげよう どれほど離れていようと
そう 気にかけてくれるひとがいる

きみが傷ついてるのがわかる
振り向いてごらん
ぼくがすぐ行くよ
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

ぼくが手を差し伸べたら
見まわしてごらん
そばにいてあげる
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

心を開いて 吐き出して 今夜は
心を開けば すべてうまくいくよ
Oh Oh

きみが傷ついてるのがわかる
振り向いてごらん
ぼくがすぐ行くよ
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

ぼくが手を差し伸べたら
見まわしてごらん
そばにいてあげる
逃げ出さないで
逃げ出さないで
逃げ出さないで

振り向いて 逃げ出さないで
ぼくがすぐそばに
今夜...この夜に..

(すみません、本当に参考にとざっと訳しただけなので品質にはご勘弁を・・)

歌詞はかなりシンプルでストレートですね。 これは、デヴィッドが書いた歌詞にきっと間違いないです(笑)

ファンのあいだでも、この時期にこの曲というところに、デヴィッドからのファンへのメッセージだと受け止める人が多いようです。 とくに、アルバムタイトルでもある"No matter how far"(どれほど離れていようと)という歌詞に、いまの私たちの状況を重ねているようですね。

当然でしょうが、以前リークされたときよりも音がクリアでソリッドでずっといいです。 クリスマス・ソングもいいけど、やっぱりデヴィッドにはポップソングを歌ってほしいなあ~。

このシングル"Don't Run Away"は、iTunesで2/19にリリースされるという記事をいくつか見かけましたが、公式発表はないので定かではありません。ただ、アルバム自体含めていずれiTunesでもリリースされるでしょうから、デヴィッドの音楽を購入できるのが楽しみです。

アルバム"No Matter How Far"絶賛予約受付中!
Amazon (2/7現在1656円)
WOWHD(2/7現在1450円)


◆◆◆◆ ◆◆◆◆


 
ついでに、ライアン・シークレストのサイトでいま「2013年に最高のアルバムをリリースするのはだれ?」という投票をやってますので、デヴィッドにぽちっとしてきましょう!
RS.jpg

RS1.jpg


では~
  
コメント(0) 

ニューアルバム"No Matter How Far" 2013/3/26発売 - デヴィッド・アーチュレッタ [アルバム]

 
このブログも、前回の更新からすでに4か月。

もう2014年まで、ブログを更新することもないかも~?などと思っていたところへ。
2月1日の朝、大変なニュースが飛び込んできました!

DA tweet.jpg
アルバム “NO MATTER HOW FAR” 2013年3月26日発売。詳しくはこちら ---> http://davidarchuleta.com/home/?p=5339

わああああ!?!?

デヴィッドの公式サイトにすっとんで行きました。

OS.jpg
ニューアルバム3月発売!
 
アメリカン・アイドル準優勝者でポップ歌手のデヴィッド・アーチュレッタが最新スタジオ・アルバム“No Matter How Far”を2013年3月26日にリリースする。
 
デヴィッドは現在、南アメリカで末日聖徒イエス・キリスト教会の2年間のミッションに仕えている。この“No Matter How Far”は、新たにレコーディングされた曲と、過去のアメリカ盤の未発表曲の混合アルバムとなる。イギリス人音楽プロデューサー、ザ・ネクサス(デヴィッド・スネッドン、ジェイムズ・バウアーミン)によって手がけられたファースト・シングル“Don’t Run Away”は、2月にアダルト・コンテンポラリー系ラジオ局向けに提供される予定。
 
デヴィッドは人気番組アメリカン・アイドルのシーズン7(2008年)で史上最年少16歳でパフォーマンスし準優勝を飾った。その翌年、みずからの名前を冠したデビュー・アルバムを発表。アルバムと先行シングル”Crush”はどちらもそれぞれ、ビルボード・トップ200とビルボード・ホット100で2位を記録している。“Crush”は200万超ダウンロードセールスを達成。デヴィッドはその後、アルバム“Christmas From The Heart”と“The Other Side of Down”、カバー・アルバム”BEGIN.”をリリース。また2011年には、ゲスト歌手としてモルモン・タバナクル合唱団のアルバム“Glad Christmas Tidings”とPBSスペシャルに出演もしている。2012年にはフィリピン歌謡曲のアルバム“Forevermore”をフィリピンで発売。
 
“No Matter How Far”はエンターテインメント・ワンでリリースされる。
 

アルバム? アルバム?? アルバムうううう!!!!

しかもこの写真? この写真?? この写真!!!!!! (はぁはぁはぁ)


DA_NMHF-1s.jpg

new-album-pic-lg.jpg


と、いうわけで、この日は朝からテンションあがり過ぎ、会社に着くころには顔が土気色でした。


アルバム・ジャケットは、フォトグラファーはおなじみマット・クレイトン、デザイナーは"BEGIN."も手掛けたケイティ・ムーアです。 オッケー、いい仕事してます!

収録曲については、すぐにトラックリストも公表されるでしょうし、こちらkaychanのブログでも曲のことが書かれていますのでなにも言いませんが、ファーストシングルの"Don't Run Away"はすでに聴いているので、ほかの曲は未リークのものであるよう願うばかりです。

でも、"Don't Run Away"がラジオプレイされるというのは、とても嬉しいことですね。あの曲はラジオ向けだと思いますから。多少なりでも、それなりにでも、ヒットしますように~。

"Don't Run Away"をプロデュースしたザ・ネクサスについては、MAKIさんが以前All About Archuletaのこの記事で紹介してくださっています。今読み返してもすごい調査力だったと感嘆します。MAKIさんありがとう<3


AmazonとWOWHDで予約受付中、ともに送料無料。
じきにiTunesでも予約が始まるでしょう。

Amazon (2/2現在1626円)
WOWHD (2/2現在1350円)


追加の情報が楽しみですね!

では!
  

コメント(0) 
前の6件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。